犬が白内障になるとどんな症状が現れるの?犬の白内障の原因は?

犬が白内障になるとどんな症状が見られるの?

 

愛犬のこの症状は白内障?

 

犬が白内障になると、水晶体が白く濁るなどの目の異常と、視力低下による行動の異常が現れます。

 

視覚障害を示すような行動、例えば、よく電柱など物にぶつかる、溝に落ちそうになる、ちょっとした段差にもつまづく、壁伝いに歩くなどが見られたりします。家の中など住み慣れた場所では、視覚以外の五感で生活できますので、犬の視覚障害に気づきにくいことがあります。

 

また、犬の目の色がおかしい、犬の目が白く濁ってきたようになった、明るいところに出ても眩しがらないなど、犬の目に異常が現れます。他には、目が見えない不安から、夜泣きをするようになったり、攻撃的になったりすることもあります。

 

犬が白内障になる原因は?

 

白内障で水晶体が白くなるのはどうして?

 

犬の白内障

白内障は、酸化によって水晶体の一部や全体が白く混濁してしまった状態です。体内で生成される抗酸化作用をもつカルノシンというアミノ酸の生成量が、老化などが原因で減少してしまうことによって水晶体の酸化を抑制することが出来なくなるため、水晶体が白く濁り白内障となってしまいます。

 

 

画像引用元:鎌倉山動物病院

 

 

犬の白内障で最も一般的なのは老年性の変化によるものです。犬が年齢を重ねるに伴って徐々に症状が進行していきますが、視覚を失わずに済む場合もあります。加齢以外には、糖尿病やアトピー、アレルギーなどの他の病気によって両側性に白内障を発症する場合や、目に重度の外傷を負った場合に発症する場合もあります。6歳以上の犬に起きる白内障は老年性ですが、遺伝によって2歳以下の犬に起こる白内障は若年性のものです。

 

 

犬の白内障

 

先天性白内障

先天性白内障は胎生期に発生し、その後、退縮するか、固定するか、進行するかのいずれかです。また、母体の妊娠中の影響として発症することもあり、これがその後の経過を決定してしまいます。

 

栄養性白内障

アルギニンやフェニルアラニンの欠乏であると考えられています。母犬を亡くした子犬に見られ、成長の早い犬種ほど、このタイプの白内障に罹患しやすいです。

 

若年性白内障

遺伝性の白内障で、6歳齢以前に発症するものを言います。両眼が若年性の白内障に罹患している犬は、白内障以外に目の異常が無い場合でも、繁殖させてはいけません。

 

白内障の多い犬種

 

老年性白内障

加齢によります。白内障の進行は、両眼とも同じ早さではなく、片眼の進行がもう片方よりも早いことが多いです。

 

糖尿病性白内障

ガラクトースやキシロース、グルコースなどの糖分の多い食餌を摂ったり、糖尿病で結果的に血糖値が高い動物で見られます。

 

併発白内障

水晶体近傍の炎症や、全身性の疾患に続発して発症することがあります。

 

外傷性白内障

目の外傷によって白内障となることがあります。