犬の白内障治療方法はどんなもので費用はどれくらい?

犬の白内障はどうやって治療するの?

 

犬の白内障の診断と治療

 

犬が白内障治療

白内障の治療は、早期発見がカギとなります。でも、犬の場合、自覚症状が出ていても人間に訴えることが出来ません。初期の白内障だと支障無く歩けることも出来るので飼い主さんも気付きにくかったりします。白内障の進行速度は、原因や白内障になった犬によって違ってきますから、年単位で進行することもあれば、短期間で一気に進行することもあります。

 

 

白内障は目の観察を行って診断します。明るい部屋と暗い部屋それぞれの中で、障害物を置いたところを歩かせてみたり、目の前で物を落として目で物を追うかを確かめたりして、犬の目が見えているかを調べます。また、検眼鏡やスリットランプを用いて、水晶体の濁りや眼球の断層を調べたりします。

 

 

白内障の治療方法には、内科的な薬物療法と外科的な手術療法の2つがあります。白内障が初期の段階であれば、点眼薬や内服薬で治療します。白内障の進行を遅らせることを目的に行いますが、ときに混濁を減らすために使用する場合もあります。

 

白内障が現在進行形もしくは急性に進行している場合は手術をすることが唯一効果的です。眼底などの機能が正常である場合に可能で、眼科専門医によって濁った水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを目に入れてもらいます。

 

 

犬の白内障の治療費はいくらくらいかかるの?

 

白内障の症状が悪化した場合、動物病院での手術が一般的となりますが、手術をした後も定期的な検診を受けなければいけないので金銭的にも負担が大きくなりがちです。手術費用は、1眼あたり20〜25万円前後が目安と理解されると良いでしょう。両眼だと、単純計算でその倍の費用がかかることもあります。この費用には、手術を行う際の入院料、手術料、麻酔料、入院中の検査料などの合算で、術前術後の各種検査費用は含まれないとお考えください。また、手術を受ける犬の状態によって、検査項目や手術の難易度が違ってきますから、費用が変わってきます。

 

犬の白内障は術後のアフターケアもとても大変です。犬にとっては凄まじいストレスになるので、高齢の子に関しては常日頃から気をつけてあげて、歩行が少し変であったり、壁や柱など物にぶつかったり、ささいな物音にも過剰に反応するようになったら白内障を疑っても良いかもしれません。